職長教育

安全協力会の一環で職長教育を実施しました。

←<クリックで続きを表示>

「職長」ってどんなことをする人かわかりますか?

簡単に言えば現場のリーダーということですが

実は法律(労働安全衛生法)で、この安全衛生教育(職長教育)は

実施が規定されています。

今回は合計21名の参加者が2日間延べ14時間の講習を受けました。

DSC_0142[1].JPG

DSC_0135[1].JPG

13 - 5[1].jpg

13 - 14[1].jpg

13 - 3[2].jpg

講師は、辻サービスセンターの辻先生。

DVDやわかりやすい資料、オリエンテーションを踏まえ進めて頂いたため退屈しない講義となりました。

安全に対する考え方・職長とは・・・といった普段仕事をする上で必要な知識を学ぶことができました。

中でも面白いなと感じたのは、言葉は7%しか相手に伝わらないため、言葉だけでは不十分だと

いうことを実感するオリエンテーション。

二人一組になり言葉のみでお互いの作った形を表現してみるというもの。

本当に伝わらないものだなと実感できました。

2日間の講義でしたが辻先生、お疲れ様でした。

またよろしくお願いします!!